女性専用風俗

夜の仕事してそうな女性の特徴3選!これが理由だ!

夜の仕事してそうな女性の特徴3選

友達や初対面の人に、

「夜の仕事してそ~キャバ嬢?」

「夜職っぽくない顔だね」

「夜っぽい雰囲気してるね」

と言われた経験はありませんか?

そんな女性の共通点は、何なのでしょうか。

夜の仕事してそうな女性(夜職)の特徴は、いくつかあると思いますが大体決まっています!

代表的なものを3つ紹介していきたいと思います!

夜の仕事してそうな女性の特徴

ここで、夜職を「ラウンジ」や「高級クラブ」「キャバクラ」に限定します。

さすがに、風俗嬢っぽいね!とか初対面で言ってくる人は失礼すぎますからね(笑)

さて本題に戻したいと思います。

夜の仕事に見える人の特徴としては、大きく3つ理由があると思います。

特徴

化粧の濃さやナチュラルメイクの程度

雰囲気や普段着ている服装

喋り口調と気遣い

上記に当てはまる方は、夜の仕事してそうと言われる傾向があるかなと思います。

では、詳しく解説していきたいと思います。

夜職女性の特徴① 化粧の濃さやナチュラルメイク

「濃いめの化粧」や「キツめの顔をしている女性」は言われるかもしれません。

顔の印象を強くして、目立たせるために「濃いめの化粧」をさせるラウンジやキャバクラも一般的です。

特に目元を際立たせるメイクは、そういう印象を与えてしまうでしょう。

また「キツめの顔」とは、芸能人で言うと「沢尻エリカさんのような顔立ち」や「柴咲コウさんの猫目」など、人によってキツめと感じる印象は違います。

ナチュラルメイクをしてても、こういった顔立ちの人は「濃い化粧をしている」と感じる人もいます。

夜職女性の特徴② 雰囲気や普段着ている服装

キャバクラやラウンジでは、ワンピースやドレスなど露出があり普段見られない服を着用しています。

なので、露出してそうな服や一見派手に見える服を着ている方は、夜の仕事してそうと思われるかもしれません。

よく着る服が、淡い青全体的に白の服装している方も言われるかもしれません。

なぜなら、キャバクラや高級クラブでは、高級感を出す為に少し暗めな光をモチーフにしているお店が多いです。

明るめな服装や白い肌を見せるための露出をすることで、女性を目立たせているからです。

夜職女性の特徴③ 喋り口調と気遣い

ラウンジや高級クラブでは、喋り口調や気遣いが大切になってきます。

喋り口調と言っても、敬語ということではないですよ。

いい意味で、親近感を与える馴れ馴れしさがでている感じですかね。

お客さんと親密感を出すために、「程よくイジったり」「タメ口」を使ったりします。

初対面でも普通に喋れる方や、男友達が多い方はこの傾向にあります。

関西弁ってだけで、夜職に間違われている友達もいました。

気遣いについては、よくラウンジ等で「おタバコの火をおつけしましょうか」や「同じ飲み物でいいいですか」と聞かれるのは普通です。灰皿に吸い殻が一つでもあれば、交換したりもします。

周りの状況をよく見れる人は、こう見られるかもしれません。

友達と食事にいっても、グラスが空いていることやもう食べた空き皿が目につく人は当てはまるでしょう。

夜職女性の特徴 その他

身長を見て、言われることもあるかもしれません。

かなり偏見が入ったイメージですがこの傾向もありそうなので紹介します!

高身長→ラウンジや高級クラブのホステスさんイメージ

低身長→キャバクラの嬢さんイメージ

※大阪でキャバクラとラウンジを経営している友人談

夜の仕事してそうな女性のまとめ

紹介した特徴は、代表的なもので、他にもいろいろあると思います。

「夜の仕事してそうだね」という言葉は、褒め言葉と思っています!

私は、言われて嬉しかったですよ!

夜や昼の仕事がどちらもできそうに思われているのなら、万能人間でしょう。

ちなみにですが、男性に言われる場合は「綺麗だね」「モテそう」「気がきくなー」という意味で言われている場合が多いです。

夜の仕事してそうって言われたら…

「指名料」と「セット料金とるよ♪」的な返しをしておきましょう(笑)

ABOUT ME
ひとみの独り言
元メンズエステ業界セラピスト。現在女性用風俗業界の勤める専門ライター。業界にいる知見を活かして、女性向け風俗のあれこれを発信しています。